« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

さくら

Dsc00181 咲きましたね。

去年、ひとりで京都に旅立ったことを思い出します。

始発電車に乗って、京都に着いたのが朝の9時ごろ。京都でお気に入りのラーメン屋に朝から飛び込む。そこのラーメン屋ってのがすごくって、夜(朝?)5時閉店、朝7時開店という驚異的なお店なのである。

朝9時だというのにラーメン屋は各テーブルがほどよくお客さんで埋まっている。朝から不思議な光景。らーめん美味し。

そして9時半にレンタルカーならぬレンタルチャリして、京都市内を駆け巡りまくり!

雨が降る中、傘を差しながら気のみ気のままチャリの旅。

結局全部で15箇所くらい回ったのかな。

夕方4時にはびしょ濡れで冷え切った身体を温めるために、うどん屋で熱燗をオーダー、カウンターで一人酒・・・。

Dsc00042 酔いも手伝ってメッチャ楽しい一人旅。観るものすべてに感動し涙を流す、この女はいかに。

京都の桜、ライトアップは最高です。

結局、ホテルに帰ったのは21時半過ぎ。12時間チャリまくりの疲れを癒す大浴場はまさに極楽♪極楽♪

一人旅ってのはい~もんです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

もくもくも

Dsc00180 こんな雲をはじめて見ました。

なが~くまっすぐに繋がるホワイトロードのよう・・・。

こんなのに乗っかってみたいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぽいみー

Dsc00179 相方いくちゃんの公演、poimyのミュージカルを観てきましたっ。

いやは~おどろきました。

男女3人ずつ+ピアノ(男の子)で、迫力ある歌いまくりステージ♪

もともとミュージカルを観るのが大好きなわたし・・・ワクワクしっぱなしでした。

コレドでやるのにちょうどいい人数&やっぱ男の人がはいると厚みがちがうねー!

わたしも歌いたくなっちゃいました◎

また再演あるかも!みたいなので、そのときはぜひ観に行ってくださいね。

carintoも次に向かってエイエイおーっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直感

Dsc00177 おばんでやす。

ひじょうにまったりと過ごしている今日このごろです。

なんといいますか、エンジンがかからないという状態ですね。

いつか噴火する日が来ることを信じて・・・。

どちらかというと真面目な人間だと思うんです。

だから今まで息を抜けないというか、突っ走ってないと不安というか、全身に力が入った生き方をしていたような気がします。

だから今、なまけているような気がしてならない反面、なかなか動き出せない自分がいて、でもそんな時期があってもいいのではないか、とも思い、自由気ままに生きております。

写真は、となりの家の子が飼っているうさぎ*うぶたん。

公演前でいそがしいイクちゃんがこないだ1時間だけ遊びに来てくれて、引越し祝いにくれた梅酒を飲みながら、ふ~らふらいい気分です。

あ、タイトルの直感ですが、わたしの直感というのはなかなか当たるのですね。気が乗らないときはノー!やめといたほうがいい!

これがついさっき、またしても証明されてしまったんです。

だから焦ることはない。うむ。そう信じます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クマノミ

Dsc00175 どでかい椎茸!

ネットからとりだしてビックリ。

それはいいとして、最近ものすごい魚が飼いたい。

実家にはネコがいるから絶対にムリだった夢が、いつでも実現できる♪

よ~し熱帯魚を飼うぞーってノリノリだったのだが、どうもよくよく調べてみたら、飼いたいのは海水魚だったみたいだ。

熱帯魚キットもそこそこ高いけど、海水魚は桁が違う気がする・・・。

まず水槽がべらぼうに高いのだ。5万弱。それに必要なあれこれをつけなきゃいけない。そして水質を安定させるのに3週間くらいはかかるみたいで、それまでは魚をいれることができないらしい。もちろん、安定してからも安定させ続けないといけないわけで、なかなか大変みたいです。

でもいいなぁ。だれか水槽ゆずってくれませんか?

いまちょっと調べたら、重たーい水槽を支えられる水槽台も買わなきゃいけないみたい。そしてなにより毎日決まった時間に8時間くらいライトを当てなきゃいけないみたい。エサの時間も決まった時間に・・・ってうーんぜったいムリやんけ~!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タケさん

Dsc00174 タケさんに会って来た。

タケさんは何歳だったかな~たぶん90は超えてると思う。

いつも同じ話をくりかえし、くりかえし・・・働き盛りだった頃の輝かしい話、娘のお婿さんの話、孫の話、そして「もう死にたい」ともよく言っていた。

小さい身体でよく動き回っていた。お昼ごはんのあと、いつも食器を運んでくれていた。わたしが家まで送っていくと「上がっていきなさい」と言ってお茶をだしてくれた。←(注)いけないことだとわかってからは上がってません。

転んで骨折して、退院できたけど歩きたがる。歩けないのにイスから立ち上がろうとする。じっと座っているのがイヤなのだ。数日のうちに、支えてあげれば歩けるようになってしまった。すごい回復力だ。でも、すこし歩けるようになるとかえって大変、いつも見ていないといけない。自分で動こうとして転んでしまうからだ。

こうなってしまう少しまえのこと・・・その日わたしは母とケンカをして泣いていた。くやしくて悲しくて泣いているわたしに「親の言うことなんて、ハイハイって聞いていればいいのよ。親はいつまでも子どもに命令したいものなのよ。」タケさんの言葉に気持ちがスッキリして救われた。

「こんどセーターあげるから」と言って、数日後お気に入りのセーターをくれた。とっても小さくて、とってもおばあちゃんだから、どんなセーターなのかしら?本当にわたしにくれるのかしら?きっと忘れちゃうだろうな。と思っていたけれど、それはとってもオシャレで可愛いセーターだった。娘さんに「これね、母があなたにあげたいって言ってたのよ。」と言われて嬉しかった。

タケさんはわたしに大事なことを教えてくれた、特別なひと。大切なひと。

いまはある施設に入っている。もう寝たきりだ。

病院に行ってきた、会うのは久しぶり。1年くらいたってるかもしれない。

わたしのことがわかっているかといえば、たぶんわかってないだろうな~と思うけど、いっぱいずっと話してくれた。何を言ってるのかはぜんぜんわからない。30分くらい手を繋いだり、離されたりしながら、何か言ってるタケさんと心の会話を楽しんだ。

ひさしぶりだね。

口のまわりに夕ご飯の汁?みたいのがひどくカピカピにこびりついていたから、水でしめらせたティッシュで拭いてあげた。そしたら、痛かったのか冷たかったのか、

もういい!

って、やけに嫌そうな顔ではっきりとそう言った。

30分の会話で、それだけはわかった。

可愛いひと。これからは、毎週こっそり会いにいこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »